nlpのdvdで学んだことは日常生活に活かせる

文房具

パティシエを目指すために

パティシエ

お菓子の勉強だけではない

中学卒業と同時に製菓の勉強をしたい場合には、パティシエを目指すためにケーキ屋さんなどで働くこと以外に、製菓コースがある高校に進学することも選択肢の一つになります。仕事をするには、手に職を付けることも重要ですが、一般的な知識や教養なども大切なことになります。そのため、中学を卒業するだけでなく高校へ進学し知識や教養を身に着けることが必要になります。製菓コースがある高校では、お菓子の勉強を行うことはもちろんですが、普通科で勉強することも学ぶので、お菓子以外にも大切なことを身に着けることができます。職場ではあまり知る機会がない理論的な知識、衛生や安全面への配慮の仕方など確実に身に着けることができます。

国家試験の受験資格がある

多くのパティシエが持っている資格の一つに、製菓衛生士という資格があります。これは、お菓子作りに関する知識や技術、公衆衛生や食品衛生など食品の安全などに関して、専門的な知識があることの証明となるものです。製菓衛生士は国家資格になり、誰でも受験できるわけではありません。受験資格があり、義務教育を終えたのち二年以上の実務経験があるか、または製菓衛生師養成施設で一年以上必要な知識や技術を修得する必要があります。製菓コースがある高校では、厚生労働大臣指定になっていれば養成施設になり、卒業と同時に受験資格を得ることができます。専門学校とは違い高校であるので三年という期間があり、じっくりと学んでいくことができます。